素敵な結婚の申し込み|香典返しのマナーとルール|貰ったら返すのが日本の心得
プレゼント

香典返しのマナーとルール|貰ったら返すのが日本の心得

素敵な結婚の申し込み

フラワー

意味をこめると素敵

プロポーズに花を贈るというと、とてもきざな行為に感じる人もいるかもしれません。しかし、花は意外と高価でもらう機会も少なく、もらうととても嬉しいものです。プロポーズのためにわざわざ用意してくれたということも嬉しさに拍車をかけてくれます。大がかりな花束にしなくても、小さなブーケや一輪の花、卓上花タイプのものでも喜んでくれること間違いありません。せっかくプロポーズに使うならば、花言葉をふまえて贈るとより素敵です。赤いバラなら「あなたを愛する」、ピンクのバラなら「恋の誓い」というように、様々な意味があります。相手の好みや季節に応じて選ぶのもよいでしょう。また、誕生日ごとに誕生花が決められているので、それを贈るのも素敵です。

相手の好みに注意

プロポーズに花を贈るときは相手の好みも当然ですが重要です。相手がロマンチストならばブーケなどはとても喜ばれると想像できますが、リアリストだと気を付けないといけないかもしれません。実用的なものを喜ぶタイプの彼女ならば、プリザーブドフラワーという枯れないタイプや、そのまま飾ることのできるタイプ、リース型のものなどがよいかもしれません。また、好きな色や種類も当然人それぞれです。何でも喜んでくれるとは限らないので、可能な限りサーチをしてから選ぶのがよいでしょう。また、ロマンチストであっても、住宅事情からあまりに大きいものだと困るということもありえます。プロポーズには素敵でも、そのあとどうするかも考えて選ぶとよいでしょう。