プレゼント

香典返しのマナーとルール|貰ったら返すのが日本の心得

素敵な結婚の申し込み

フラワー

プロポーズに花を贈るときは花言葉や相手の好みなどを考慮して選ぶとよいでしょう。季節や誕生日に応じて選ぶのもおすすめです。また、実用的なものを喜ぶタイプの人には、プリザーブドフラワーや卓上花タイプ、リース型などが最適でしょう。また、大きすぎるものだと相手が困ることもあるので要注意です。

もっと読む

贈る相手のことを考える

ボックス

女性への誕生日プレゼントは、やはり花が定番です。ブーケだけでなく、アレンジメントも喜ばれます。誕生日プレゼントを選ぶ際は、以前に自分が贈ったものやもらったものと被らないように気をつけると良いでしょう。

もっと読む

赤ちゃん誕生を聞いたら

ベイビー

出産祝いの定番の品はベビー服です。サイズは70センチ以上を選びます。ドレスタイプにも足が左右に分かれるようにも着用できるコンビドレスが適しています。他の人と被らないような品物を選びます。おもちゃや絵本は被ることがないのでお勧めです。

もっと読む

サイトリンク集

  • コンセント株式会社

    人気の高いアイテムを多数掲載!日頃からお世話になっている人にお歳暮を贈りたいなら専用のギフトサイトを利用するのがお勧めですよ。
  • 切り花・生花の卸販売

    詳細を調べておくことができるので、生花なら卸売の安い業者を調べてみるといいでしょう。詳細が気になる人はこちらからとなっています。

香典のお返しはどうする

香典

当日返しとの区別を知る

香典返しは葬儀の時に頂いた香典のお返しのことです。香典はもらってそれで終わりというわけにはいかず、きちんと香典返しをする必要があります。しかし近頃では葬儀の当日に「当日返し」をする習慣が一般化してきました。当日返しは2000〜3000円程度のお返しを用意していることも多いので、頂いた香典の額が5000円程度の場合には当日返しを香典返しとし、後日改めて香典返しを行う必要はありません。当日頂いた香典が10000円だった場合には、別途2500円程度の品物を用意して、忌明けに香典返しとして送るようにすると良いでしょう。また、当日会葬していただいた方に「会葬御礼」をお渡ししますが、これは葬儀に来ていただいたことに対する御礼なので当日返しの品物は別途用意しなければいけません。

一般的なお返しの金額は

基本的に、香典返しは「半返し」と言われています。10000円の香典を頂いた場合には、その半額である5000円のお返しをする、という意味です。このお返しの金額となる5000円は当日返しに贈った品物の金額と相殺して残りの金額分を用意するようにすると、頂いた香典10000円の半返しの約5000円分のお返しをしたことになります。また、故人と懇意にしていただいた方から高額の香典を頂いた場合に香典返しの品物に困ってしまいますが、その場合には半返しは金額が大きくなってしまいますので3分の1返しでも問題ないでしょう。目安として、頂いた香典の金額が30000円までなら半返し、30000円以上ならば3分の1返しというのが一般的です。